ロゴ・コンセプト
2:00 5:00 11:00 2 / 5 / 11

東京23区の心臓部であり、「本の街」「学生街」としても歴史のある神保町の一角、昭和レトロなビルの1フロアを占めるアートギャラリーです。絵画・彫刻・写真・イラスト・デザインなど様々なジャンルの作品展示を目的としています。美術館のような密閉構造ですので、非日常的な真っ白な空間で、じっくりと作品を楽しむことができます。

GALLERY 2511では、プロを目指す若手アーティストの発掘や関連企画を手掛けていく他、展覧会開催を望む方たちにはスペースの貸し出しだけでなく、ご要望に応じて作品撮影、作品集制作、海外(中国・韓国・他)向け情報発信などもサポートいたします。

なお、IT技術によって激変する時代の中、東アジア・アートマーケットにおける我々の立ち位置を模索し、実践していく考えです。

企画・運営:株式会社ゼロスリー
協力:アトム・ビット

スタッフ

代表 / 企画・デザイン

朴 成浩 PARK Sonho

株式会社ゼロスリー


中国・長春の芸術大学にて美術を専攻。
1996年から約5年間の舞台美術の仕事を経て、Web・広告業界に転身し、デザイン・写真・アートディレクションなどの活動を展開。近年は「こどもお絵描きワークショップ」を企画・実施するなど、美術啓蒙活動を行いつつ、アートマネジメントについて模索中。
所属・加盟
JAGDA 日本グラフィックデザイナー協会
NPO法人日中写真文化交流協会

協力 / DTP組版

田中 菜穂子 TANAKA Nahoko

アトム・ビット


国文科にて近現代文学、児童文学を学ぶ。
印刷会社に勤務し、総合電機メーカーの論文誌制作に携わった後、1997年からフリーランスにて書籍のDTP組版、作図、校正等を開始し、医療・看護・歯学分野、学習教材等を多数手がけている。これまで多くの先輩、仲間、顧客に支えられ、営業を継続中。