ともだち展-お絵描きワークショップ#2 2019.8.12

ともだち展(南北コリアと日本のともだち展)は、2001年から始まった韓国や朝鮮、中国、そして日本に住む子どもたちが、絵を通じて仲良くなる絵画展です。みなさんの描いた絵が、東アジアの国々を旅して、ともだちの輪をひろげます!
来年は、東京で平和の祭典・オリンピックがひらかれます。
みんなで楽しい出し物を考えて、お客さんをかんげいしたいと思います。「どんな服を着てみようかな?どんな小道具があるといいかな?・・」みんなで考えて、わくわくする絵を完成させてみよう!
 

みんながつくった作品は、ほかの国のおともだちの作品とともに、ひとつの大きな絵になって、来年2月の「ともだち展」で紹介するよ!おともだちをさそって参加してね。
 

ともだち展-お絵描きワークショップ#2

とき:2019年8月12日(月・祝)14:00~16:00(13:45開場)
ところ:GALLERY 2511 [会場へのアクセス]
参加資格:絵が好きな小・中学生
定員:10名(先着順)
参加費:無料
もちもの:筆記用具。クレパス、水性ペン、水彩絵の具など色を塗りやすいもの。色鉛筆は着色効果が目立たないため、できるだけ避けてください。
※よごれてもいい服装できてください。
 

【主催・内容についてのお問合せ】

南北コリアと日本のともだち展実行委員会
TEL:03-3834-9808 FAX:03-3835-0519
Email:rccj.sec@gmail.com

GALLERY 2511
Email:info@gallery.2511.jp

海 鴎 2 人 展 2019.7.11-7.16

SEAGULL Photo Exhibition
x-byrd + JIGUAI
2019.7.11(木)~7.16(火)
12:00 ~ 20:00、最終日は17:00まで
2019年7月11日 18:00 ~ オープニングパーティ

 

x-byrd

JIGUAI

海鴎(シーガル)とは?

1960年代に中国の上海で生まれ、1980年代後半まで認知度が高かったカメラです。中でも代表的なのは、展示作品の撮影に主に使用されている4Aシリーズですが、2007年新宿眼科画廊にて第一回目の「海鴎展」を開催した頃も海外向け欧文モデルとして「SEAGULL」の製造ラインが残っており、日本国内でも販売体制(株式会社エー・パワー)が確保されていました。
もし、リーズナブルな価格設定が1980年代まで中国で普及した理由だとすれば、作りは比較的に雑とは言え、カメラの世界では珍しい漢字のエンブレムを採用していたことが日本でも一部の銀塩カメラファンを魅了した理由と言えるかもしれません。

 

作家プロフィール

x-byrd
2018 『Yacht /Sailors』@ニコンサロン大阪
2016 個展『Selfie 』@イタリア.フィレンツェ
    『6:CODE』Exibition@原宿ギャラリーフェスタ
2015 個展『Selfie』@名古屋ゴールデンチャイルドカフェ
2014 『Photo Session#2』@名古屋 PIギャラリー
2012 Phone Photo&Graph Exhibition@GALLERY9京都
2008 中国上海での個展@上海ギャラリー牛心
2007 海鴎展@新宿眼科画廊
2006 写真展『S.O.S』@ギャラリー「ル・デコ」
    『Vector Space』9人の写像@ Roonee 247
   個展『時空と記憶を繋ぐもの』金魚カフェ@代々木
    『エスクァイア日本版デジタル写真賞’05-’06』受賞作エキシビジョン@代官山
   ゼロからはじまる写真展 zero+@ギャラリーフェスタ原宿
   〜現在 教科書表紙(教育と探求社のプロジェクト)

Facebook Page
shotjapan

JIGUAI
2019 GALLERY 2511立ち上げ
2017 GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2017 作品掲載
    美術啓蒙に関する講演活動
2015~ こどもお絵描きワークショップの企画
    日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)会員
2014 平泉展絵画部門@国立新美術館
2010 株式会社ゼロスリー設立
2009 日中写真文化交流協会会員
    在中国日本国大使館展
2007 海鴎展企画@新宿眼科画廊
2001~ グラフィックデザイナー、アートディレクター
1996~ 舞台美術
1991~ 中国吉林芸術学院美術学部
1985~ 海鴎二眼レフにて写真入門

個人サイト
Facebook
instagram

飯田クラウス太郎シールアート展 2019.6.27-7.2

2019年6月27日(木) ~ 7月2日(火) 12:00-20:00、最終日は17:00まで
2019年6月27日 18:00 ~ オープニングパーティ

作家プロフィール

1968年、彫刻家・飯田義國の長男として生まれる。父の影響で、幼少よりアートの世界に慣れ親しみ、飯田善国の制作を手伝う。1989年~1993年は英国に留学し、安斉重夫やマイケルケニーのアシスタントを経て、1992年にはシールを素材とした独自の表現方法を確立する。2000年からは丸いキャンバスを導入し、「宇宙は一つ」、「愛と調和」をテーマに集合意識に働きかける作品を制作。以後、美術館やギャラリーに拘らず、カフェやクラブハウス、キャンプ場での作品展示、ワークショップや音楽・映像のイベントも各地で主催。2018年からは新たな試みとして、半球の材料に制作を始める。

丸いシールで遊ぼう – シールアート自由体験会

6月29日(土)、6月30日(日) 13:00~18:00 
参加費(材料代):500円

シールアートは子供から大人まで気軽に楽しめます。この機会にシールを使った楽しい作品作りを体験してみませんか?今回の体験会ではアーティストの太郎さんも会場で実演をしたり、作品作りのポイントをアドバイスします。基本的な材料は会場にありますが、更に他の画材でアレンジしてみたい方は、ご自由に用意してください。

故松村克彦回顧展 2019.4.18-4.30

– memorial exhibition – Katsuhiko Matsumura

故松村克彦メモリアルギャラリー

自然、地球、宇宙、平和を愛した故松村克彦の回顧展を開催致します。数年に渡り描き溜めた作品を展示しますので、是非ご高覧下さい。

会期:2019年4月18日(木)-4月30日(火)
   *4月24日(水)は休廊日
時間:12:00-20:00、最終日は17:00まで
会場:GALLERY 2511
   〒101-0065 東京都千代田区西神田2-5-11
   出版輸送ビル3F
会場へのアクセス >

松村克彦プロフィール
生年月日:昭和42年9月13日
出身地:東京都
アメリカテンプル大学卒。専門商社を経て画家を志し、宇宙、自然、地球、平和をテーマに多くの作品を創作。国立新美術館(東京)での平泉展、パリ、サンフランシスコ、ベルギーでの美術展に多数出展。


“Creating Peaceful and
Harmonised Heaven on Earth by Art”
– memorial exhibition – Katsuhiko Matsumura

dates: 4/18-4/30, Closed on Wed
hours: 12:00-20:00, 4/30 till 17:00
place: Gallery 2511
address: Shuppan yuso Bldg. 3F 2-5-11 Nishi-Kanda, Chiyoda-Ku, Tokyo 101-0065
Access map >